健康なら「しぶき吸い込んでもうつりにくい」…医科大教授

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国・武漢市からの帰国者のうち、発熱などの症状がない2人から新型コロナウイルスが検出された。専門家は、一般的に症状がなければ周囲に排出するウイルス量は少ないとし、「慌てず、予防策を講じることが大切だ」と呼びかけている。

 特定のウイルスが体内に入って発熱などが起こるのは、ウイルスを攻撃しようとするためだ。北海道大の喜田宏特別招聘しょうへい教授は「発病するのはウイルスが増えた時で、体に抵抗力があれば増殖を抑えられる。感染しても症状が出ない人はたくさんいる」と説明する。

 世界保健機関(WHO)は、発症までの潜伏期間は「2~10日」と推定している。無症状だった2人の感染者は、潜伏期間にウイルス検査を受けた可能性がある。

 東京慈恵会医科大の浦島充佳教授(公衆衛生学)は、「新型コロナウイルスは、まだ分からないことが多いが、一般的に症状がない人は、せきやくしゃみのしぶきに含まれるウイルス量が少ない。健康な人であれば、しぶきを吸い込んだとしても、うつりにくいと考えられる」と指摘する。

 厚生労働省は30日に記者会見し、2人のうち1人は、ウイルス量が少なく、もう1人は、症状がある人と同じくらいだったことを明らかにした。結核感染症課の日下英司課長は「感染した時期など、2人がどのステージにいるかが重要。今後も慎重に対応したい」と述べた。

 感染者2人はすでに入院しており、一般の人にうつすリスクは低い。会見に出席した元WHO西太平洋地域事務局長の尾身茂氏は、「無症状の人から感染することは否定できないが、慌てる必要はない。手洗いなどを今まで以上にしっかりやれば十分」と話し、冷静な対応を求めている。

残り:33文字/全文:737文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1028529 0 医療・健康 2020/01/30 21:42:00 2020/03/10 12:04:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ