クルーズ船の患者3人、ぜんそく用吸入薬で改善…神奈川の病院チーム

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県立足柄上病院(松田町)などのチームは、新型コロナウイルスに感染して肺炎になった患者3人にぜんそく治療用の吸入薬を使用し、症状が改善したとする報告書を公表した。今のところ、3人とも経過は良好だという。同病院は、愛知医科大などと連携し、有効な治療法になるかどうか研究を続ける。

 2日公表された報告書によると、吸入薬「オルベスコ」(一般名・シクレソニド)の治療を受けたのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた67~78歳の男女3人。

 このうち73歳の女性は感染が確認された後、2月11日、同病院に入院。発熱や体のだるさなどを訴え、肺炎と診断された。重症急性呼吸器症候群(SARS)の治療で使われたことがあるエイズ治療薬を試したが、副作用が出たため中止。その後、吸入薬を使ったところ回復し、2月28日に退院した。

 ほかの2人も2月16日に入院し、吸入薬の使用後、食欲が戻り、倦怠(けんたい)感などの症状が改善した。

 報告書では、「今後の使用症例の蓄積と検討が望まれる」と指摘した。

残り:33文字/全文:488文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1085816 0 医療・健康 2020/03/03 23:34:00 2020/03/07 18:18:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ