新型コロナ治療薬を開発、武田薬品「早ければ9か月で実用化」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 武田薬品工業は4日、新型コロナウイルスの治療薬を開発すると発表した。感染し、回復した人の血液成分を使用し、新薬をつくる。同社は「早ければ9か月程度で実用化したい」としている。

 同社によると、血液成分の一つの「血漿けっしょう」を使う。効果や安全性を確かめる治験を実施し、9~18か月で発売することを目指す。

 現在、新型コロナウイルスに対する治療薬はなく、対症療法が行われている。エイズ治療薬やぜんそく治療用の吸入薬などを用いた治療も試みられている。

無断転載・複製を禁じます
1087716 0 医療・健康 2020/03/04 22:40:00 2020/03/07 15:13:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ