読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

発症初期37・5度以上4割のみ…米で論文、感染見落とす可能性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスによる肺炎で、入院時に37・5度以上の発熱があった患者は4割程度にとどまると、中国の研究チームが発表した。チームは「発熱を重視しすぎると、患者を見落とす可能性がある」と指摘している。

 論文が米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。研究は中国の国家衛生健康委員会が主導し、大学や病院の医師らが参加している。

 チームは、中国の約500病院の患者計約1100人について、診療記録を分析した。その結果、入院時に37・5度以上の発熱があった患者の割合は43・8%だった。その後の入院中に88・7%まで増えた。

 患者は昨年12月11日から今年1月29日までの間に感染が確認された。それぞれ中央値で、年齢は47歳、潜伏期間は4日、入院期間は12日だった。

 インフルエンザやSARS(重症急性呼吸器症候群)では、ほとんどの患者が発熱するのに対し、新型コロナウイルスは発症初期に発熱しない患者が多いことが大きな特徴だという。

 二木芳人・昭和大特任教授(感染症学)の話「国内でも、発熱などがない人から肺炎が見つかる事例は報告されている。論文は、初期症状を見極める難しさを示している。症状が出ない原因の解明が待たれる」

残り:77文字/全文:606文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1094295 0 医療・健康 2020/03/08 10:15:00 2020/03/09 10:24:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)