がん「10年生存率」57%…前立腺がん、5年生存率は100%

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立がん研究センターは17日、2003~06年にがんと診断された患者の10年生存率が、57・2%だったと発表した。前回調査(02~05年)と比べて0・8ポイント上昇した。部位別では、前立腺が97・8%で最も高く、乳房85・9%、大腸67・8%などとなっている。がんの治療数が多い全国19病院の患者約8万人を分析した。

 また、09~11年にがんの診断を受けた患者の5年生存率は、68・4%だった。前回調査(08~10年)より0・5ポイント上がった。この調査の対象は、全国32病院の患者約14万人。部位別では、前立腺100%、乳房93・7%、甲状腺92・4%などだった。

 同センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「現在の治療や診断の技術は、調査対象時よりも進歩しており、示された生存率はあくまで目安だ」と説明する。個々の患者の実際の生存率は、がん以外の病気があるかどうかや年齢などによっても変わる。

 若尾センター長は「がんのことで悩んだら、主治医やがん診療連携拠点病院などに設置されている『がん相談支援センター』に相談してほしい」と話している。

 その他のがんなど、今回の詳しい調査結果は、全国がんセンター協議会のウェブサイト(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/)で閲覧できる。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1112925 0 医療・健康 2020/03/17 10:23:00 2020/03/17 14:16:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200317-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)