読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

人との接触避ける対策、22年まで必要…ハーバード大分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大による医療崩壊を防ぐには、人との接触をできるだけ避ける行動制限対策が2022年まで必要になる可能性があるとの分析結果を、米ハーバード大の研究チームがまとめた。米科学誌サイエンスに論文が掲載された。

 新型コロナウイルスにはやりやすい季節があるかどうかは不明だが、同チームは、冬に流行し、一般的な風邪の原因となるコロナウイルスの感染状況などを基に、温帯地域での流行を予測。その結果、22年まで流行が続く可能性があり、他者と一定距離を保つことが断続的に必要になるとした。

 一方で、救急医療施設の収容能力の増強、治療薬やワクチン開発が進めば行動制限の効果が高まり、多くの人が免疫を持ち、流行の発生が抑えられる「集団免疫」の獲得を早められると指摘した。

 ただ、流行は24年までに再発する可能性もあり、「数年間は疫学調査を続ける必要がある」としている。

 大橋順・東京大准教授(集団ゲノム学)の話「集団免疫の獲得には時間がかかる。断続的な行動制限で流行を抑えながら、感染者や免疫獲得者の調査を続けるなど、長期的な対策が必要となるだろう」

無断転載・複製を禁じます
1169975 0 医療・健康 2020/04/16 19:33:00 2020/04/16 22:11:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)