NEC、AIで新型コロナのワクチン設計図を作成

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NECは23日、AI(人工知能)を活用し、新型コロナウイルス感染症を予防するワクチンの設計図を作成したと発表した。研究成果をまとめた論文をインターネットで公開し、製薬会社に共同開発を呼びかける。

 がんのワクチン開発のAI技術を転用し、新型コロナウイルスの遺伝子情報を解析した。患者の免疫機能を活性化させる複数の物質を特定し、ウイルスが変異した場合でも対応できるようにしたという。

 ただ、ワクチンを開発するには、安全性と効果を見極める治験や臨床研究を重ねる必要があり、接種までには一定の時間がかかる見通しだ。

 ワクチンを巡っては、米ジョンソン・エンド・ジョンソンやファイザーなど、世界の製薬会社や研究機関が開発を加速させており、日本でも医療新興企業アンジェスと大阪大などが名乗りを上げている。

無断転載・複製を禁じます
1183020 0 医療・健康 2020/04/23 17:35:00 2020/04/23 17:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ