読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自宅療養の感染者1984人、宿泊施設の2倍以上

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は6日、新型コロナウイルスの感染者の療養場所別の人数を公表した。軽症者や無症状の人の療養場所は宿泊施設が基本とされているが、自宅で療養する人は全体の2割を超え、宿泊施設よりも多いことが明らかになった。

 厚労省は都道府県から報告を受け、4月28日現在の感染者数を公表した。検査で陰性となり、退院したり自宅などでの療養が解除されたりした人は除いた。

 その結果、全国の感染者数は8711人で、入院中の人は5558人(64%)に達した。軽症などで自宅療養しているのは1984人(23%)で、ホテルを始めとした宿泊施設で療養する862人(10%)を上回った。

 厚労省は軽症者らの療養場所について、自宅と宿泊施設の両方を認めてきた。しかし、家庭内での感染や病状の急変の危険性を考慮し、4月23日、看護師らが日中に常駐する宿泊施設を基本に位置付けている。

無断転載・複製を禁じます
1206398 0 医療・健康 2020/05/07 15:35:00 2020/05/07 15:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)