国内初の新型コロナ治療薬、「レムデシビル」を特例承認…厚労相「早く患者に届くよう最善尽くす」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ギリアド・サイエンシズの施設で瓶詰めされる「レムデシビル」(ロイター)
ギリアド・サイエンシズの施設で瓶詰めされる「レムデシビル」(ロイター)

 厚生労働省は7日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として抗ウイルス薬「レムデシビル」を特例承認したと発表した。国内初の新型コロナウイルス治療薬となり、重症患者を対象に使用する。

 レムデシビルは米製薬会社のギリアド・サイエンシズが開発した点滴薬。同社の日本法人(東京)が4日、承認を申請した。厚労省は、緊急時に迅速に審査する医薬品医療機器法の特例承認制度に沿って手続きを進めた。

 同社は全世界で約14万人分(患者1人に10日間投与する場合)の供給を表明している。日本国内の医療機関に届く時期は未定だが、厚労省は病院ごとの必要量を把握し、重症者向けに優先的に分配する方針だ。同社による供給は無償の予定。

 レムデシビルはエボラ出血熱の治療のために開発されたが、新型コロナウイルスの増殖を抑える働きが期待されている。米国での臨床試験では、患者の回復までの時間を約3割短縮する効果が確認された。一方、腎機能や肝機能の低下などの副作用が出る可能性がある。

新型コロナウイルス感染症の治療薬として、抗ウイルス薬「レムデシビル」を特例承認し、報道陣の取材に応じる加藤厚労相(7日午後9時59分、厚生労働省で)=伊藤紘二撮影
新型コロナウイルス感染症の治療薬として、抗ウイルス薬「レムデシビル」を特例承認し、報道陣の取材に応じる加藤厚労相(7日午後9時59分、厚生労働省で)=伊藤紘二撮影

 加藤厚労相は記者団に、「一日も早く治療薬が(患者に)届くよう最善を尽くしたい」と述べた。

 また安倍首相は、主に軽症者向けに新型インフルエンザ治療薬のアビガンを新型コロナウイルス治療薬として、月内に承認することを目指す考えを示している。

無断転載禁止
1206709 0 医療・健康 2020/05/07 20:59:00 2020/05/07 23:33:27 新型コロナウイルス感染症の治療薬として、抗ウイルス薬「レムデシビル」を特例承認し、報道陣の取材に応じる加藤厚労相(7日午後9時59分、厚生労働省で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200507-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ