国内で14年ぶり狂犬病患者、比でかまれ感染

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県豊橋市は22日、フィリピンから今年2月に来日し、市内の医療機関に入院している患者(静岡市在住)が狂犬病に感染したと発表した。昨年9月頃にフィリピンで犬に左足首をかまれ、感染したとみられる。厚生労働省によると、国内で狂犬病の発症が確認されたのは14年ぶり。

 豊橋市によると、患者は5月11日、足首に痛みを感じ、食欲不振や嘔吐おうとなどの症状を発症した。18日に市内の医療機関を受診し、集中治療室(ICU)に入院。国立感染症研究所のPCR検査で、22日に陽性と判明した。フィリピンで流行している狂犬病のウイルスに酷似しているという。

 厚労省によると、狂犬病は通常、人から人に感染しない。発症すると発熱や食欲不振などの初期症状から幻覚や精神錯乱などの症状を経て昏睡状態となる。2006年にはフィリピンで犬にかまれた日本人男性2人が、帰国後に発症して死亡している。

無断転載・複製を禁じます
1235146 0 医療・健康 2020/05/22 21:39:00 2020/05/22 21:40:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ