中国開発のワクチン、臨床試験で6割から抗体確認…英誌に発表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国の軍事医学科学院生物工程研究所などの研究チームは22日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、湖北省武漢市で行った第1段階の臨床試験の結果、参加者の約6割から感染を防ぐ可能性のある抗体を確認したと、英医学誌ランセット(電子版)で発表した。

 論文によると、研究チームは18~60歳の健康な男女108人を、投与量に応じて3グループ(各36人)に分け、安全性と効果を調べた。4週間後、投与量が少ないグループと中間のグループでは各18人(50%)、多いグループでは27人(75%)に抗体ができていた。重大な副作用はなかったという。研究チームは既に、500人を対象とした第2段階の試験に入っている。

 ワクチン開発を巡っては、米バイオ企業「モデルナ」が第1段階の試験で参加者から抗体が確認されたことを明らかにしている。

無断転載・複製を禁じます
1236545 0 医療・健康 2020/05/23 14:05:00 2020/05/23 14:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ