2歳未満にマスクは不要、むしろ危険…日本小児科医会が警告

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染予防でマスク着用が広がる中、日本小児科医会は25日、「2歳未満のマスクは不要で、むしろ危険である」とする保護者向けの警告文書をインターネット上に公表した。窒息や熱中症のリスクが高まるという。

 文書によると、乳児は気道が狭く、肺機能も未発達のため、マスクで呼吸がしにくくなり、肺や心臓に負担がかかる。マスクそのものによる窒息のほか、嘔吐おうとに気づかずにのどを詰まらせる危険もある。

 マスクで顔が覆われると唇や頬の色、表情などが確認できず体調の変化に気づくのが遅れる可能性もあり、熱がこもって、熱中症になりやすくなることも考えられるという。

 米国小児科学会なども2歳未満のマスク着用は危険と警告している。小児科医会の神川晃会長は「子どもの重症例や集団感染例はほとんどない。マスクをつけるメリットよりも、危険性の方が高い」と訴えている。

 子どものマスク着用を巡っては、中国で医療用マスクを着用したまま運動した中学生が相次いで死亡したことなどから、スポーツ庁が、学校の体育の授業では、マスクは不要とする見解を示している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1240174 0 医療・健康 2020/05/25 17:38:00 2020/05/25 17:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)