山中教授は「ファクターX」と呼ぶ…死者の少なさ、際立つアジア

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本を含むアジア地域で、新型コロナウイルス感染症による人口あたりの死者の少なさが、欧米に比べて際立っている。ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大教授が「ファクターX」と呼ぶ要因の解明に、研究者の関心が高まっている。

 日本は3日現在、人口100万人あたり新型コロナウイルス感染による死者は7人。世界で最も死者が多い米国は327人、英国やスペインは580人と、欧米主要国は3桁が多い。一方、アジアで感染者が多い中国は3人、シンガポールは4人、インドネシアは6人で、日本同様に死者が1桁台になっている。

 理由として、過去に似た種類のコロナウイルスがアジアで流行して住民の一部に免疫がある可能性、人種などによる遺伝情報の違いが指摘されているが、決め手がない。山中教授はホームページで、ファクターXを解明すれば「今後の対策戦略にかすことが出来るはず」と指摘している。

無断転載禁止
1258501 0 医療・健康 2020/06/04 05:00:00 2020/06/04 09:40:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ