読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

全身の血管に炎症「川崎病」を発見、川崎富作さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

川崎富作さん
川崎富作さん

 全身の血管に炎症が起こる原因不明の「川崎病」を初めて見つけた小児科医で、NPO法人日本川崎病研究センター名誉理事長、川崎富作(かわさき・とみさく)氏が5日に老衰のため死去していたことがわかった。95歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。

 東京都出身。1948年に千葉医科大(現・千葉大)付属医学専門部を卒業後、日赤中央病院(現・日赤医療センター)に勤務していた61年に、何日も続く高熱や目の充血など見慣れない症状の子どもを診た。翌年も似たような症状の患者が次々と受診したことから、症例を集めて67年に学会誌で発表。これを契機に、全国からも症例が報告されるようになり、「カワサキ・ディジーズ」(川崎病)の病名が国際的にも定着した。

 川崎病は、欧米で新型コロナウイルスに感染した子どもが、この病気に似た症状を示すケースが確認され、注目された。

 73年には日赤医療センター小児科部長に就任。90年に同センターを定年退職した後は、東京都千代田区に日本川崎病研究センターの前身を設立し、患者やその家族からの電話相談に応じてきた。

 91年に日本学士院賞、2006年には日本小児科学会賞を受賞した。

無断転載・複製を禁じます
1269402 0 医療・健康 2020/06/10 13:14:00 2020/06/10 15:42:46 「見たことのない症状だった」。初めて川崎病の患者と出会った時を振り返る川崎富作さん。川崎病は乳幼児の唇や舌、皮膚などが赤く腫れ、心臓に重い後遺症を残すこともある病気で、東京・渋谷の日赤中央病院(現・日赤医療センター)の小児科医だった川崎富作さんが1967年に「急性熱性皮膚粘膜リンパ腺症候群」として論文発表。その後、心臓の冠動脈に瘤ができ、突然死することがあると判明。海外でも報告が相次ぎ、Kawasaki Disease(川崎病)と呼ばれるようになった。2009年11月17日撮影。同年12月13日朝刊掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200610-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)