国内初のコロナワクチン治験、30日開始…来年春~秋の実用化を目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府の吉村洋文知事は17日、府・大阪市や大阪大、医療新興企業アンジェスなどが連携して開発している新型コロナウイルスのワクチンについて、400~500人を対象とする治験を今年10月から実施する方針を示した。年内に20万人分のワクチンの製造を見込んでおり、「来年春~秋」の実用化を目指すという。

 治験は今月30日から、市立大病院の医療従事者20~30人を対象に始める予定。府によると新型コロナのワクチンの治験は全国初で、安全性が確認できれば、10月に対象者を拡大する。吉村知事は記者会見で「ウイルスとの戦いは治療薬とワクチンが非常に重要。ワクチンを量産し、府民の命を守りたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1283624 0 医療・健康 2020/06/17 20:42:00 2020/06/17 21:44:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ