コロナワクチン国内初の治験、まず1人に接種…来年春以降の実用化へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医療新興企業アンジェス(大阪府茨木市)は30日、新型コロナウイルスのワクチンの治験を始めたと発表した。大阪大と共同開発したもので、国内で治験まで進むのは初めて。大阪市立大病院で計30人に接種する計画で、2021年春以降の実用化を目指す。

東京都内で新たに2004人コロナ感染、9日連続で1週間前を上回る

 アンジェスによると、同日は1人に接種した。接種すると体内にウイルスの働きを抑える抗体ができ、発症や重症化を防ぐとされる。

 計画では、20~65歳の健康な人を対象に、ワクチンの投与量の多いグループと少ないグループの15人ずつに分け、2回ずつ接種する。副作用や体内に抗体ができるかどうかを調べ、今秋以降、治験を数百人規模に広げる予定だ。

 ワクチンは「DNAワクチン」と呼ばれる新しいタイプで、ウイルスそのものを使わないため特殊な設備が不要で、一般的な製法と比べて短期間に大量製造できる。今年度中に20万人分を生産できるという。

 国内では塩野義製薬(大阪市)やKMバイオロジクス(熊本市)などの製薬企業も別のタイプのワクチン開発を進めている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1311282 0 医療・健康 2020/06/30 15:29:00 2020/06/30 21:44:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200630-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)