[Q&A新型コロナ]感染対策 知って守る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための様々な制限が緩和され、外出する機会が増えてきました。感染から身を守るため、身近な疑問に対するQ&Aをまとめました。密閉、密集、密接の「3密」を避けるとともに、予防の参考にしてください。

ウイルス

 Q 一度かかれば、二度と感染しないの

  一般的にウイルスに感染すると体の中に抗体が作られます。抗体はウイルスを排除する役割を担います。新型コロナウイルスでも抗体が作られることは確認されていますが、どのくらいの期間、どのような効果を持つのか、分かっていません。世界保健機関(WHO)も、再びかからなくなる保証はないとしています。

 Q どこから体に入るの

  感染している人がせきやくしゃみ、話をしたときにつばが飛びます。つばの中にウイルスが含まれており、他の人が吸い込んでうつります。ウイルスが付いた場所を手で触り、その手で口や鼻を触ってうつることもあります。

 Q 暑さや湿気に弱いの

  WHOは、高温多湿の地域でも感染する可能性があるとしています。少なくとも人と1メートル距離をとり、よく手洗いすることが感染から身を守る最もよい方法だと呼びかけています。

 Q インフルエンザの予防接種をすると感染しにくいのですか

  そんなことはありません。ただ、インフルエンザと新型コロナウイルスは発熱やくしゃみなどの症状が共通しています。インフルエンザを防ぐため、例年以上に予防接種を考えてもよいかもしれません。

 Q 血液型との関係はありますか

  イタリアやスペインでの研究で、A型の人は他の血液型の人に比べて45%重症化しやすいという報告があります。ただし血液型でリスクが違う理由や、日本人でも同じことが言えるかは、わかりません。

 Q 紫外線に弱いのでしょうか

  体の外に放出されたウイルスは、太陽の紫外線によってRNAと呼ばれる遺伝物質が傷つけられ、感染力が弱まると考えられます。ただ、夏だからと油断できるものでもなく、クーラーの利いた場所に人が密集することなどに注意する必要があります。

 Q 無症状の場合でも感染しているか分かりますか

  PCR検査を受ければ判定できます。ただし、感染者でも陰性と判定されることもあり、検査には限界があります。検査を希望する場合はまず、かかりつけ医に相談しましょう。無症状の人も感染を広げることが知られており、マスク着用などは大切です。

 Q PCR検査などは自由に受けられるのですか

新型コロナウイルスのPCR検査
新型コロナウイルスのPCR検査

  診察した医師が必要だと判断すれば、受けられるようになっています。PCR検査は当初、実施できる件数が少なく、医師が必要と判断しても受けるまで時間がかかることがありました。批判を受けて、国を挙げて検査体制を拡充し、現在は1日約3万件の検査能力が確保されています。

 Q ペットに感染しますか

  海外では、感染した人間から犬や猫、虎に感染させたとみられる事例が報告されています。

 また、猫から猫へウイルスの感染が広がる可能性があるという研究論文を東京大などのチームが5月に発表しました。ただ、感染した猫の症状が重くなるのかどうかや、感染した猫から人に感染するのかは、まだよくわかっていません。

ワクチン

 Q ワクチンや薬はありますか

  ワクチンは、人で安全性や効果を確かめる臨床試験やその準備が国内外で進んでおり、早ければ年内に第1号が誕生しそうですが、効果や副作用は未知数です。

 薬は他の病気の薬を活用する研究が盛んで、政府は5月に抗ウイルス薬「レムデシビル」を重症患者に対してのみ特例で承認し、「アビガン」「アクテムラ」も候補になっています。新薬の開発も進んでいます。

アプリ

 Q「接触通知アプリ」って、何ですか

  厚生労働省が運用するスマートフォン用無料アプリで、新型コロナウイルスに感染する機会があったことを教えてくれます。

 アプリの利用者同士が1メートル以内に15分以上いるとスマホが自動で記録し、自分が感染者と判明した時にスマホに登録すれば、相手に自動で通知が届きます。接触者名は通知されないなど、プライバシーの保護にも配慮されています。

予 防

 Q 夏用のマスクでも効果は変わらないのですか

寝具などを販売する「西川」で売り出した夏仕様のマスク
寝具などを販売する「西川」で売り出した夏仕様のマスク

  市販されている不織布の家庭用マスクの多くは、3層以上で、特殊加工をしたフィルターを挟んでおり、細かなちりや花粉を捕捉できます。しかしその分、通気性は低く、湿気がこもりがちになります。

 夏用マスクとして、フィルターのないもの、目の粗い布でできたものがありますが、当然、細かな物質の除去効果は低くなります。ただ、換気のいい屋外や、人のあまりいない場所では、こうした「涼しい」マスクでも問題ない場合もあります。うまく使い分けましょう。

 Q マスクは予防効果があるの

  せきやくしゃみ、会話の際、飛沫ひまつを飛ばさないようにマスクを着けることは、集団としての感染予防に大きな効果があります。

 マスクが世界的に不足した時期、健康な人は着用しなくてよいという意見がありましたが、今は潜伏期間や無症状の人でもウイルスを出すことがあるとわかっています。WHOは、感染地域の人混みではマスク着用を推奨するとしています。ただし、マスクだけでウイルスを防ぎきることは難しく、手洗いなどの手指消毒と人との距離が何より重要です。

 Q マスクはいつまですればいいのですか

  新型コロナウイルスは飛沫によって感染します。自分が飛沫を拡散させないこと、ひとの飛沫が鼻や口、目に入らないようにすることが大切で、どちらもマスクである程度防げます。

 したがって、2メートル以内に人がいない場所では着ける必要はありません。感染リスクが非常に低い少人数のグループで、会話をしない場合は外すことも可能でしょう。公共交通機関や不特定多数の人が集まる場所では、まだまだマスクは欠かせません。

 Q 使い捨てマスクはずっと着けていると効果が落ちますか

  衛生用品メーカーで作る「日本衛生材料工業連合会」専務理事の高橋紳哉さんは「マスクの性能と衛生上の観点から毎日の交換をお勧めします」と話しています。外側の不織布にウイルスや細菌を含む飛沫が付着したまま使い続けることになり、リスクが増すそうです。洗うのも、中のフィルターの機能が落ちるため勧められません。

 Q うがいは感染予防効果がありますか

  残念ながら、現時点ではうがいに感染を防ぐ効果があるかどうかは、わかっていません。厚労省も感染予防策として、手洗いやマスクについてはホームページで紹介していますが、うがいについては何も書いていません。

 ただ、普通の風邪を防ぐ効果があるとする研究結果は出ているので、決して無駄ではないと考えられます。

 Q せっけんで手洗いすると、ウイルスは死にますか

  せっけんを使って丁寧に洗えば、ウイルスは感染力を失います。流水だけでも、ウイルスを流すことができるので有効です。もし流水やせっけんでの手洗いができない時は、消毒用アルコールでも効果があります。

 Q 次亜塩素酸水は消毒効果があるのですか

  次亜塩素酸水は塩酸を電気分解するなどして作られ、殺菌用の食品添加物として認められています。

 国立感染症研究所などが検証したところ、新型コロナウイルスについても、一定の有効塩素濃度があれば、感染力を弱めることがわかりました。テーブルなどの拭き掃除では、濃度が0.008%以上のもので、消毒したい場所を十分にぬらし、20秒以上おいてから拭き取ると有効です。

 ただ、手指や空気中のウイルスへの消毒効果は検証されておらず、推奨されていません。

 Q 蚊から感染しますか

  WHOなどによると、これまでに、蚊を介して感染した事例は見つかっていません。

 Q 納豆やヨーグルトを食べると感染予防になりますか

  消費者庁などによると、これらの食品に、予防や症状の改善に関して、効果を裏付ける根拠は今のところありません。ただ、健康的な食生活は新型コロナにかかわらず大事です。適切に食生活に取り入れると良いでしょう。

 Q 生の野菜や果物からうつる可能性はあるの? 洗えば大丈夫?

  厚労省などによると、これまで食品から人に感染した例は確認されていません。このウイルスは、食品で増殖することはありません。生のまま食べる野菜や果物は、きれいな水でよく洗いましょう。

 Q レジ袋の有料化でマイバッグの使用が広がりそう。コロナ禍もあり、衛生面が心配です

  専門家は、いろんな店で繰り返し使うマイバッグはウイルスの温床になる可能性が高いと言います。できればこまめに洗剤で洗いましょう。洗えないバッグは帰宅時のアルコール消毒が効果的です。食中毒予防にもなります。

 Q 宅配便や手紙から感染する可能性はありますか

  厚労省やWHOによると、一般的に新型コロナウイルスは、手紙や荷物などの表面で長時間生き残ることができないと言われています。多くの宅配業者なども、従業員が検温や消毒、マスクを着用するなど感染対策を行っています。

 Q 通勤かばんや靴なども消毒した方がいいですか

  物の表面についたウイルスは時間がたてば、感染力を失いますので、日常的に消毒する必要性は低いです。かばんについては、不特定多数の人が触るわけではないので、そこから感染が広がるリスクは低いと言えます。靴については、靴底からウイルスが検出されたとの報告がありますが、靴底の安全な消毒方法がはっきりしていないため、医療現場であっても特別な対策は不要とされています。

お出かけ

 Q プールや温泉で感染しますか

  水を介した感染リスクは低いと考えられています。ただ、プールや温泉では密な状態になりやすく、会話や接触による感染リスクが高まることに注意する必要があります。

 利用する場合は、更衣室などで人と人の接触をできるだけ少なくし、タオルなどを共用しないよう注意しましょう。

 Q 国内旅行はできますか

  6月19日に都道府県をまたぐ移動が全面解禁され、できるようになりました。日本旅行業協会は感染予防のための「新しい旅のエチケット」を公表しています。マスク着用や移動中におしゃべりを控えめにすることなどへの協力を呼びかけています。

 Q 海外旅行に行くことは可能ですか

  政府は現在、感染が特に深刻な129か国・地域について、「渡航中止勧告」を出し、どんな目的でも渡航しないよう国民に要請しています。これら以外の全世界についても「不要不急の渡航自粛」を求めており、外務省は「一般的に海外旅行は不要不急にあたる」としています。

 Q 新幹線や飛行機は座席をあけて乗れるのですか

新幹線に乗り込む利用者(6月19日、JR東京駅で)
新幹線に乗り込む利用者(6月19日、JR東京駅で)

  東海道新幹線や飛行機は窓口で、周囲があいている席を要望することができます。混み合っている場合は、座席をあけて乗るのは難しいです。東北、北陸、秋田新幹線の一部は8日まで、隣席をあけて指定席を販売しています。

 Q 高齢の祖父母を訪ねたいのですが、気をつけることはありますか

  高齢者が新型コロナウイルスに感染すると、他の世代に比べて重症化するリスクが高いことが報告されています。

 祖父母の家を訪問する場合には、検温などで自分の体調を厳しく管理した上で、マスクの着用や一定の距離をとるなどの感染対策を徹底しましょう。

 Q 登山は可能?

  可能ですが、状況に応じたマスクの着用やソーシャルディスタンス(社会的距離)が必要です。5人以下の少人数で、緩やかなペースで登りましょう。閉山していたり、山小屋が休業していたりする場合があるので、事前に地元自治体などに確認しましょう。

 Q イベント参加やスポーツ観戦で注意すべきことは

  他の参加者や、主催者のスタッフとの距離をできるだけ2メートル以上確保することが重要です。自身がスポーツを行っている時以外はマスクを着用し、イベント中に大きな声で会話や応援をしないようにしましょう。

運 動

 Q 子供の運動や外遊びの注意点は

  運動は屋内よりも屋外で、公園はすいた時間、場所を選びます。他人と体が接触する遊びは避け、遊具やベンチを触った後は手を洗いましょう。

 運動時のマスク着用は、水分補給を忘れたり、体温が下がりにくくなったりして熱中症リスクを高めます。文部科学省は、十分に人との距離を取るなどすれば「体育の授業や運動部活動時は、着用の必要はない」としています。

 乳幼児は正しい着用が難しく「感染予防の効果が期待できない」とする意見もあります。息苦しさを訴えたり、自分で外したりするのが難しいため、着ける場合は保護者らがこまめに確認することが大切です。

無断転載禁止
1313158 0 医療・健康 2020/07/01 15:00:00 2020/07/03 15:18:54 新型コロナウイルスのPCR検査。検体を入れ、シールを張った容器を検査機にセットする。東京都江戸川区の江戸川保健所小松サポートセンターで。2020年5月19日撮影。※撮影用に行われた、PCR検査の再現です https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200701-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ