読売新聞オンライン

メニュー

感染対策・イベント制限、分科会で議論へ…接種の優先順位も議題に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医療関係者や経済学者、県知事らで新型コロナウイルス感染症対策を検討する政府の分科会が22日午後、始まった。東京を中心に全国各地で感染者が報告されているなか、イベント開催制限の緩和などについて議論する。

 全国の感染報告者数は今月中旬以降、600人を超える日が相次いでいる。若者の感染が多いものの、専門家の間では、重症化のリスクが高い高齢者や持病を持つ人への感染が懸念されており、分科会では状況分析と合わせて、感染拡大の防止策も議論されるとみられる。

 政府はコンサートやプロスポーツなどについて、人数制限を8月から撤廃する予定だった。分科会ではこの扱いについて、専門家たちから意見を聞く。新型コロナウイルスのワクチンが開発された後の、接種の優先順位も議題となる見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
1358866 0 医療・健康 2020/07/22 12:49:00 2020/07/22 13:50:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)