「ダイヤモンド・プリンセス」船内、ダンスや歌のイベントで感染急拡大…感染研

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、感染者のウイルス遺伝子の解析から、船内にウイルスが持ち込まれた直後にダンスや歌などの大規模イベントを通じて感染が急拡大したとする研究結果を、国立感染症研究所(東京)の研究チームが明らかにした。論文は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。

 研究チームは、感染者から分離した73のウイルス株を、共通する遺伝子の特徴から大きく3グループに分けた。最大のグループが形成されたのは、横浜での検疫が始まった2月3日よりも、かなり前の時期だったと分析した。これは、短期間に特定の機会で広がったことを示唆し、大勢で集まる船内の娯楽施設で広がった可能性があると指摘した。

 他のグループは、夕食で同席したり、同じ船室で過ごしたりしたことで感染したと考えられるという。

 このクルーズ船では、乗員乗客712人の感染が判明し、うち13人が死亡した。

無断転載・複製を禁じます
1374995 0 医療・健康 2020/07/30 13:09:00 2020/07/30 13:17:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ