コロナワクチン、6000万人分供給…米製薬大手と合意「ほかの会社とも協議」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は31日、新型コロナウイルスのワクチンについて、米製薬大手ファイザーが開発に成功した場合、来年6月末までに6000万人分の供給を受けることで基本合意したと発表した。

中国から北朝鮮に医療物資輸送…感染拡大で中断の貨物鉄道、臨時で運行か

 ファイザーは、ドイツの製薬会社と共同でワクチン開発を進めており、早ければ今年10月に米食品医薬品局(FDA)などに承認申請する。日本での承認手続きについても、厚労省と協議を進めているという。

 日本への供給を見込んでいるワクチンは、2回の接種が必要なため、1億2000万回分となる。

 ワクチンの開発は世界中で進行しており、日本政府は海外からの輸入と国産ワクチンの開発を同時並行で進める戦略を取っている。

 加藤厚労相は記者団に対し、「ファイザー以外の会社とも協議を進めている。また国内での開発も支援していく」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1378461 0 医療・健康 2020/07/31 18:46:00 2020/07/31 21:00:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)