勤務医の4割近く、年960時間超の残業…24年度からの「通常」規制上回る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は7月31日、勤務医の4割近くが、1年間に960時間を超える残業をしていたとの調査結果を発表した。2024年度には、年960時間の残業が上限規制の一つの基準となる。医師の働き方改革を加速させる必要性が明らかになった。

 24年度からの残業時間の上限(休日労働を含む)は、通常の勤務医が年960時間、地域医療を担う病院の勤務医が年1860時間となる。

 調査は、厚労省の研究班が昨年9月に実施し、3967医療機関、2万382人の医師から回答を得た。このうち週4日以上働く病院の常勤医8937人について、兼業先の労働時間も含めた1週間の勤務実態を分析し年間に換算した。

 その結果、残業が年960時間を超えた勤務医は37・8%。年1860時間を超えていたのは8・5%だった。16年に行った同様の調査と比べると、年960時間超の割合は1・4ポイント減で、年1860時間超の割合は1・2ポイント減にとどまっていた。

 厚労省は「24年度に向けて、医師の仕事の一部を看護師らに任せる『タスクシフト』などを進める必要がある」としている。

無断転載・複製を禁じます
1379705 0 医療・健康 2020/08/01 11:18:00 2020/08/01 13:24:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ