コロナとインフル、両方の検査勧める…同時流行に備え学会が提言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行した場合に備え、日本感染症学会は3日、検査や治療に関する提言をウェブサイトで公表した。

 インフルエンザは毎年秋から冬にかけて、1000万人前後の患者が医療機関を受診するとされる。学会では、こうした時期に新型コロナも流行すると、発熱などの患者の症状だけでどちらに感染しているかを鑑別するのは困難だとし、両方の検査を同時に実施することを勧めた。特に医療従事者や高齢者に症状がある場合は、新型コロナの検査の実施を積極的に検討する。

 新型コロナの検査キットの供給が十分でない場合は、先にインフルエンザの検査をし、陽性であればインフルエンザの治療を行って様子をみる方策も掲げた。

 また提言は、同時流行を警戒し、インフルエンザワクチンの接種も強く推奨した。

無断転載・複製を禁じます
1385273 0 医療・健康 2020/08/03 20:50:00 2020/08/03 21:52:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ