WHO「食品からの感染拡大は証拠ない」、中国で輸入品包装からウイルス検出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=広瀬誠】中国で輸入食品の包装などから新型コロナウイルスが検出されたことを受け、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は13日の記者会見で、「食品が感染拡大につながるという証拠はない。食品や包装、加工や配達を恐れるべきではない」との見解を示した。

国内で新たに9572人感染、死者13人…重症者は5人増の45人

 ロイター通信によると、中国の地方当局は13日、輸入したブラジル産の冷凍手羽先の表面や、エクアドル産の冷凍エビの包装から、ウイルスが検出されたと明かした。

 WHOの感染症専門家のマリア・ファンケルクホーフェ氏は会見で、「中国は何十万もの包装のウイルス検査を行ったが、陽性は10件以下だ。(食材の)表面にウイルスが残ることはあり得るが、手を洗えば手に付いたウイルスは無力となり、食材も調理すればウイルスを殺せる」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1409493 0 医療・健康 2020/08/14 10:25:00 2020/08/14 12:43:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)