読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ大流行、「2年未満で終息希望」…WHO事務局長

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は21日にオンラインで行った記者会見で、新型コロナウイルスのパンデミック(感染症の大流行)について「2年未満で終息させることを希望している」と述べた。

 テドロス氏は、1918年から流行したスペイン風邪の終息に2年を要したことに触れた上で、「(当時よりも)私たちには流行を止める技術と知識がある。各国内の融和と国際的な連帯、そしてワクチン完成を望みつつ、手にしている道具を最大限に生かせば、1918年の流行よりも短い期間で止められると思う」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1427085 0 医療・健康 2020/08/22 17:52:00 2020/08/22 18:37:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)