インフルワクチン、高齢者は早め接種を…厚労省呼びかけへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、65歳以上の高齢者らにインフルエンザのワクチンを早めに接種するよう呼びかける方針を決め、26日の厚生科学審議会の部会で了承された。昨季より多い最大約6300万人分の供給を見込み、例年通り10月1日から接種を始める予定という。

 インフルエンザのワクチンは、感染そのものを防ぐことは難しいが、重症化の予防を期待できる。今冬は、新型コロナウイルスとの同時流行を懸念して、インフルエンザワクチンの接種希望者が増える可能性がある。厚労省は、インフルエンザにかかると重症化しやすい高齢者らを優先しながら、それ以外の希望者にも可能な限り接種を受けてもらう考えだ。

 具体的には、まず65歳以上の希望者への接種を開始し、それ以外の人は10月後半まで待つよう広く呼びかける。10月後半からは、日本感染症学会が接種を強く推奨している医療従事者や子どもを含め、持病のある人、妊婦らの希望者へと対象を広げていく計画だ。

無断転載・複製を禁じます
1434131 0 医療・健康 2020/08/26 11:59:00 2020/08/26 23:41:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ