コロナなどで例年より増えた死者数、最大6500人か…1~5月の「超過死亡」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染による死者が目立った今年1~5月、例年を基にした予測死亡数を上回る「超過死亡」が全国で最大6500人程度みられたとの推計を厚生労働省の研究班がまとめた。新型コロナによる増加だけでなく、他の要因による増減も含む。研究班によると、ほかの年でも数千人単位の超過死亡が出ることがあり、新型コロナの影響について、引き続き詳細に分析する。

 超過死亡は、例年よりどの程度、死者が増えたかを把握する指標。米国と欧州の2種類の推計手法で、都道府県ごとに週単位で推計した。

 合計して統計的に解析したところ、米国の手法では208~4322人、欧州の手法では313~6547人との結論が出た。いずれの推計値も、欧米よりはるかに少ないという。

無断転載・複製を禁じます
1446707 0 医療・健康 2020/09/01 12:16:00 2020/09/01 13:01:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ