ワクチン「10月にも接種」…CDC、全米50州に準備要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)など複数の米メディアは2日、米疾病対策センター(CDC)が、10月下旬にも新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まる可能性があるとして、全米50州に準備を求める文書を送っていたと報じた。

 報道によると、文書は8月27日に各州の保健当局などに送られた。タイムズ紙が入手した文書では、CDCは米食品医薬品局(FDA)の緊急使用の許可に基づき、早ければ10月下旬にワクチンの接種を開始すると想定している。

 文書は、優先接種の対象として医療従事者や介護施設の入居者などを挙げた。その上で、各州に対し、ワクチンの保管や接種を受ける人の情報管理などの準備を進めるよう要請した。

 米メディアからは、トランプ政権が11月の大統領選を前にした実績作りのために、安全性確認が不十分なままワクチン接種の開始を急いでいるとの指摘が出ている。

 トランプ大統領は、ワクチンは「すぐに完成する」と繰り返し主張しており、FDAのスティーブン・ハーン長官は、米国内で実施中の最終段階の臨床試験が終わる前に緊急使用を認める可能性に言及している。

無断転載・複製を禁じます
1452029 0 医療・健康 2020/09/03 14:21:00 2020/09/03 15:21:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ