コロナ禍を機に生活習慣改善か…「健康になったと実感」48%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大前と比べ、2人に1人が「健康になった」と実感していることが、明治安田生命保険が2日に公表した調査で分かった。

 調査は8月6~13日、結婚している20~70歳代の男女5640人を対象に、インターネットで実施。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などによる健康や生活習慣の影響を聞いた。

 感染拡大以前と比べ「健康になったと実感している」と回答した人は2713人(48・1%)で、年代別では40歳代が最も多かった。このうち8割以上が、野菜を多く食べたり、塩分を控えたりするなど「健康的な食生活を意識している」と回答。ウォーキングや体操などの運動をしていると答えた人も4割を占めた。

 一方、運動不足や食生活の乱れで体重が「増えた」という人は21・2%にとどまり、7割以上の人が「特に変わらない」と回答した。

 同社は「自宅の滞在時間が増えたことで、食生活や運動など、生活習慣の改善に取り組む人が増えたのではないか」と分析している。

無断転載・複製を禁じます
1452899 0 医療・健康 2020/09/03 19:57:00 2020/09/03 20:25:01

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ