アストラゼネカ、年内に臨床試験結果を申請方針…CEO「ワクチン試験中断よくあることだ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ブリュッセル=畠山朋子】ロイター通信によると、英製薬大手アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は10日、新型コロナウイルスのワクチン開発について、当初の予定通り、年内に臨床試験結果を当局に申請する方針を示した。

 アストラゼネカは最終段階の臨床試験を行っていたが、英国の被験者が原因不明の病気を発症したため、試験を中断しており、開発の遅れが懸念されていた。ソリオ氏は試験の中断について「非常によくあることだ」と述べ、独立した機関による被験者の症状の調査を経て、試験の再開を判断すると説明した。

無断転載・複製を禁じます
1471239 0 医療・健康 2020/09/11 20:10:00 2020/09/11 20:44:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ