読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

足腰の衰えのレベル「ロコモ度」に「3」を新設…生活に支障きたしている状態

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本整形外科学会は、足腰が衰えて歩行などが困難になる「ロコモ」(ロコモティブシンドローム=運動器症候群)の進行度を表す「ロコモ度」について、従来の「1」と「2」に加え、より進行した状態である「3」を設定したと発表した。基準をきめ細かくし、介護手前のフレイル状態にならないための予防や診療に役立てる。

 ロコモは骨や筋肉、関節などが衰え、立つ、歩く、座るといった機能が低下した状態。進行すると転倒する危険性が高まり、介護の原因にもなる。「ロコモ度1」は移動機能の低下が始まった状態、「2」はそれが進行した状態を示した。

 今回、新設した「3」は、「社会生活に支障をきたしていると判断され、自立した生活ができなくなるリスクが非常に高くなった状態」を想定している。

 具体的には、〈1〉高さ30センチの台に座った姿勢から両脚で立ち上がれない〈2〉できるだけ大股で2歩歩く「2ステップテスト」で、2歩幅(センチ)÷身長(同)の値が0・9未満――などの基準に一つでも該当すれば判定される。

 同学会によると、日本人の約580万人が「3」に当たると推定されるという。

無断転載・複製を禁じます
1475567 0 医療・健康 2020/09/14 11:51:00 2020/09/14 12:22:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)