ワクチン共同購入「COVAX」、国際枠組みに日本参加

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)などは21日、新型コロナウイルスのワクチンを世界各国で共同購入して分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」に、日本を含む156か国・地域が参加したと発表した。世界の人口の64%をカバーするという。米国や中国、ロシアは参加しなかった。

 WHOや、途上国でのワクチン接種を支援する国際機関「Gavi」などが主導するCOVAXは、2021年末までに20億回分のワクチン確保を目指す。日本や欧州など64の高所得国からの拠出金を製造などに充て、92の低中所得国が調達で支援を受ける。今後、さらに38か国が参加する見込みで、中国とも対話を継続しているという。

 米国は、「堕落したWHOや中国の影響を受ける多国間組織の制約は受けない」と不参加を表明し、国内での早期接種を最優先に掲げる。中露は自国開発したワクチンを、他国へ独自提供する動きを強めている。

 WHOのテドロス・アダノム事務局長はオンラインの記者会見で、「パンデミック(感染症の大流行)を終わらせる一番の近道は、すべての国で一定の人々にワクチンを接種することで、限られた国で全国民に接種することではない」と述べ、各国がワクチンを囲い込む動きをけん制した。

無断転載・複製を禁じます
1494270 0 医療・健康 2020/09/22 20:29:00 2020/09/22 20:50:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ