「アビガン」10月にも承認申請…富士フイルム、コロナ治験で一定の結果

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富士フイルム富山化学は23日、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、10月にも新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認申請をすると発表した。治験で、一定の結果が得られたとしている。

 承認されれば、新型コロナ治療薬は、抗ウイルス薬「レムデシビル」、抗炎症薬「デキサメタゾン」とともに国内3例目となる。

 アビガンは、同社が開発した抗ウイルス薬。新型インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあり、新型コロナウイルスに対しても同様の効果が期待できるとして、3月末から治験が実施されていた。

無断転載・複製を禁じます
1495775 0 医療・健康 2020/09/23 13:41:00 2020/09/23 14:47:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ