「アビガン」10月にも承認申請…富士フイルム、コロナ治験で一定の結果

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富士フイルム富山化学は23日、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、10月にも新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認申請をすると発表した。治験で、一定の結果が得られたとしている。

三重県で4642人が新たに感染、過去最多を更新

 承認されれば、新型コロナ治療薬は、抗ウイルス薬「レムデシビル」、抗炎症薬「デキサメタゾン」とともに国内3例目となる。

 アビガンは、同社が開発した抗ウイルス薬。新型インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあり、新型コロナウイルスに対しても同様の効果が期待できるとして、3月末から治験が実施されていた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1495775 0 医療・健康 2020/09/23 13:41:00 2020/09/23 14:47:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)