旅行、混雑期ずらして少人数で…政府の分科会提言

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルス感染症対策分科会に臨む(前列右から)西村経済再生相、尾身会長、田村厚労相ら(25日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影
新型コロナウイルス感染症対策分科会に臨む(前列右から)西村経済再生相、尾身会長、田村厚労相ら(25日、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影

 政府の新型コロナウイルス対策分科会は25日、観光支援事業「Go To トラベル」で東京発着の旅行が追加されるのを前に、混雑期をずらして少人数で楽しむ「小規模分散型旅行」の推進を提言した。今後、感染者が急増していると判断した地域については、同事業の対象からの除外や、イベントの中止などの対応を求めた。

 分科会は、観光地などが混雑すると感染リスクが高まるとして、家族や友人との少人数での旅行が望ましいと強調した。旅行時期が分散するよう、従業員らが平日に休みを取りやすくする対策の必要性を訴えた。

 また、これまでに感染が広がった場面として、7項目を示した。〈1〉飲酒を伴う懇親会〈2〉マスクを外しての会話〈3〉仕事後や休憩時間〈4〉屋外での活動の前後の車での移動や食事――などで、十分な注意喚起を政府に求めた。

 尾身茂分科会長は記者会見で「人々にとって楽しみである旅行は続けてほしいが、感染リスクを高める場面を認識しておく必要がある」と呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
1501705 0 医療・健康 2020/09/25 21:42:00 2020/09/25 23:38:39 新型コロナウイルス感染症対策分科会の冒頭であいさつする(右から)西村経済再生相、尾身座長、田村厚労相ら(25日午後1時1分、東京都千代田区で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200925-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ