慶応医学賞に理研の宮脇氏ら…分子の動き可視化に役立つ蛍光たんぱく質など開発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 慶応大は、医学・生命科学分野で顕著な業績を上げた研究者に贈る「慶応医学賞」の今年の受賞者に、理化学研究所の宮脇敦史チームリーダー(58)と、米バイオ企業ジェネンテックのアビブ・レゲフ博士(48)を選んだと発表した。それぞれに賞状とメダル、賞金1000万円が贈られる。

 宮脇チームリーダーは、生きた細胞内での分子の動きを可視化する「バイオイメージング」に役立つ蛍光たんぱく質などを開発。レゲフ博士は、単一の細胞レベルで遺伝子の働きなどを詳細に調べる「シングルセル解析技術」の基盤を確立した。

無断転載・複製を禁じます
1513135 0 医療・健康 2020/10/01 07:00:00 2020/10/01 07:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ