インフルワクチン優先接種、65歳以上から始まる…例年より多い6300万人分予定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インフルエンザの予防接種を受ける女性(右)(1日、東京都大田区で)=上甲鉄撮影
インフルエンザの予防接種を受ける女性(右)(1日、東京都大田区で)=上甲鉄撮影

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、65歳以上の高齢者らに対するインフルエンザワクチンの優先接種が1日、各地で始まった。

 接種希望者の増加が見込まれる今年は、例年より多い最大約6300万人分のワクチンが供給される予定だ。国はまず、重症化しやすい高齢者や重い持病のある60~64歳の人に優先的に接種を受けてもらう。26日以降は、医療従事者や持病のある人、妊婦、生後6か月~小学2年生の子どもを優先しつつ、一般の人たちにも接種を呼びかける。

 東京都大田区の「大川こども&内科クリニック」の大川洋二院長によると、例年、10月上旬の予約は1日10~20件ほどだが、今年は初日のこの日だけで70件。今月3日の土曜日は120件に上るという。

 接種を受けた近くの60歳代の女性は「体の弱い孫と同居しているので、予防のためできるだけ早く接種したかった。家族にも早く接種するよう勧めたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1515585 0 医療・健康 2020/10/01 21:45:00 2020/10/04 04:02:16 インフルエンザの予防接種を受ける60代の女性(右)(1日午後3時27分、東京都大田区の「大川子ども&内科クリニック」で)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201001-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ