コロナ重症患者の死亡率が6月境に半減…理由は患者の年齢、治療法も進歩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立国際医療研究センターは、新型コロナウイルス感染症の重症患者の死亡率が、6月以降、その前と比べて半減した、との全国調査の結果を発表した。

 同センターは、9月上旬までに登録された345医療機関の入院患者約6000人を対象に解析。6月5日以前を「第1波」、同6日以降を「第2波」として比較した。

 入院時に、酸素投与や人工呼吸器が必要だった重症患者の死亡率は、第1波は19・4%だったが、第2波では10・1%に減った。入院時に重症ではなかった患者の死亡率も、第1波では2・6%だったが、第2波は0・5%に低下した。

 死亡率低下の理由として、同センターは、〈1〉第2波は若い患者が多かった〈2〉治療法が進歩した〈3〉治療が早く始められるようになった――などを挙げている。発症から入院までの平均日数は、第1波は7・6日だったが、第2波は5・1日に短縮された。

 死亡した患者の大半は70歳以上の高齢者。心肺や腎臓、脳血管などに持病がある人は死亡率が高かった。

無断転載・複製を禁じます
1515695 0 医療・健康 2020/10/01 22:25:00 2020/10/01 22:46:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ