読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

本物のコロナウイルス使い確認、やっぱりマスク効果あり 

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルスを含んだ飛沫を噴霧し、吸入量を調べる実験の様子(東京大提供)
新型コロナウイルスを含んだ飛沫を噴霧し、吸入量を調べる実験の様子(東京大提供)

 マスクによる新型コロナウイルスの感染予防と飛散防止の効果を本物のウイルスを使った実験で初めて確認したと、河岡義裕・東京大教授らのグループが22日、米国の専門誌に発表した。

 実験は密閉空間でマネキンの頭部を向かい合わせた。ウイルスは直径約1000分の5ミリ・メートルの高濃度の飛沫ひまつにし、飛散側の頭部の口から軽いせきにあたる風速2メートルで噴霧。吸入側の頭部の口で約20分間吸わせた。

 頭部を約50センチ離した実験で、吸入側だけマスクをつけた場合は、両側ともつけない場合と比べて吸入量が布で17~37%、不織布で47~50%減った。飛散側だけマスクをつけた場合では、布で57~76%、不織布で58~73%減り、いずれも一定の効果があった。

 マスクの捕集効果に詳しい鍵直樹・東京工業大学准教授の話「プラスチック粒子などを使った実験と近い結果だ。本物のウイルスを使った点で説得力がある」

無断転載・複製を禁じます
1569993 0 医療・健康 2020/10/23 05:00:00 2020/10/23 09:00:05 左側のマネキンの頭部から本物の新型コロナウイルスを含んだ飛沫を噴霧し、マスクをつけた右側で吸い込まれる量を測定する実験(東京都の東京大で。同大の河岡義裕教授提供)=提供撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201023-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)