がん10年生存率上昇、58・3%…改善傾向続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立がん研究センターは19日、2004~07年にがんと診断された患者の10年生存率が58・3%だったと発表した。前回の調査(対象は03~06年)より1・1ポイント上昇。公表が始まった16年以来、改善傾向が続いている。

 部位別では前立腺が98・8%と最も高く、乳房86・8%、甲状腺85・7%などと続いた。患者が多いがんでは、大腸が68・7%、胃66・8%、肺32・4%などだった。がん治療を多く手がける全国21病院約9万4000人を分析した。

 また、10~12年にがんの診断を受けた患者の5年生存率は68・6%で、前回調査(09~11年)より0・2ポイント改善した。全国32病院の患者約14万8000人を対象に算出した。

 データ分析の責任者を務めた千葉県がんセンターの三上春夫がん予防センター部長は「生存率は平均的な治療成績をみるもので、個人の患者にそのまま当てはまるものではない。治療技術は進歩しており、今は調査時点よりもさらに生存率が上がっている可能性が高い」と指摘している。

 詳しい調査結果は、全国がんセンター協議会ウェブサイト(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/)で閲覧できる。

無断転載・複製を禁じます
1638512 0 医療・健康 2020/11/19 14:24:00 2020/11/19 14:53:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201119-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ