今は間に合わないが…「春にワクチン生産が軌道乗る」WHO担当者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)で新型コロナウイルスなどの緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は18日、「多くの国がワクチンなしで今の感染の波に対応することになる」と述べ、当面の感染拡大への対応にはワクチンは間に合わないと警鐘を鳴らした。インターネット上での一般市民との質疑応答で語った。

 ライアン氏は「今はワクチンなしでこの山を登らなければならないことを認識する必要がある」とも語り、社会的距離の確保などの感染予防策を継続するよう訴えた。その上で、「春になればワクチン生産が軌道に乗り、私たちは大きな道具を手にすることになる」と語り、春以降のワクチン普及へ期待感を示した。

無断転載・複製を禁じます
1638344 0 医療・健康 2020/11/19 13:39:00 2020/11/19 14:17:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ