読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[深層NEWS]米国で開発進むワクチン「有効性がどれだけ続くのかが課題」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党新型コロナ対策本部本部長代理を務める武見敬三氏、日本ワクチン学会理事長の岡田賢司氏、米国立研究機関研究員の峰宗太郎氏の3人が30日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、新型コロナウイルスに対して米国で急速に開発が進むワクチンについて議論した。

 峰氏は「ワクチンの機能には感染予防、発症予防、重症化予防の三つあるが、今開発中のものはいずれも期待できる」と分析。武見氏は「大変期待はしているが、有効性がどれだけ続くのかが課題だ」と指摘した。岡田氏は「治験は数万人規模。それに対し、実際に数千万人、数億人に打った時にどんな副反応がどれだけ出てくるのかは未知数な部分が多い」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1665125 0 医療・健康 2020/11/30 22:47:00 2020/11/30 22:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)