読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

再感染防ぐ「中和抗体」、半年後も98%が保有…ワクチンに期待

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市立大学の研究グループは2日、新型コロナウイルスに感染したことのある人のほとんどが、半年経過しても感染を防ぐ力を持つ「中和抗体」が残っていたとする研究結果を発表した。感染して回復した370人以上の血液を調べた。ワクチンが普及すれば中和抗体を持つ人が増え、感染の拡大防止につながる可能性が示された。グループは、感染から1年後に中和抗体が残っているかどうかについても調べる計画だ。

 グループは、新型コロナの回復者に協力を呼びかけ、9月末までに約620人が登録された。今回の研究で解析対象となったのは、20~70歳代の376人。無症状や軽症の人は280人、酸素投与を受けた中等症の人は71人、人工呼吸器を使うなどした重症者は25人だった。

 研究では、グループが独自に開発した精度の高い検出法を用いた。その結果、全体では98%の人が、感染から6か月たっても中和抗体を保有していた。無症状や軽症の人は97%、中等症や重症の人はそれぞれ100%だった。重症度が高いほど、中和抗体の強さが大きく、感染を防ぐ効果が高まる傾向がみられた。

残り:657文字/全文:1123文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1669041 0 医療・健康 2020/12/02 11:20:00 2020/12/02 16:03:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201202-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)