読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染者の血液から抗体採取、神戸大が創薬の新興企業と治療薬を共同開発へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸大と創薬の新興企業「イーベック」(札幌市)は、新型コロナウイルス感染者の血液から抗体を採取し、治療薬の共同開発を始めると発表した。大手製薬会社の協力を得て治験につなげ、感染初期に重症化を防ぐ抗体薬の開発を目指す。

 抗体は免疫細胞が作るたんぱく質の一種で、ウイルスの表面にくっつき、病原性を失わせる働きがある。新型コロナの感染者の体内で作られる抗体を利用し、薬の開発を目指す研究は世界中で進んでいる。

 神戸大は今回、兵庫県立加古川医療センター(加古川市)で治療を受けた患者から血液の提供を受け、ウイルスの病原性を失わせる抗体を分析。効果の高い抗体を見つけ、イーベックが薬として開発する。既に100人以上の患者から血液の提供を受けているという。

 県は研究資金などを援助する。兵庫県の井戸知事は記者会見で「兵庫から世界に通用する新たな薬ができることを期待したい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1684464 0 医療・健康 2020/12/08 08:56:00 2020/12/08 09:46:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)