アルツハイマー病の新薬を申請…米製薬企業とエーザイ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米製薬企業バイオジェンとエーザイは10日、認知症で最も多いアルツハイマー病の治療薬候補「アデュカヌマブ」について、厚生労働省に、新薬承認を申請したと発表した。

 アルツハイマー病は、脳内にアミロイドβ(ベータ)(Aβ)と呼ばれるたんぱく質が蓄積し、神経細胞にダメージを与えて発症すると考えられている。アデュカヌマブはAβの除去を狙う。

 米国、欧州では、すでに当局の審査が進んでいる。ただ、米国食品医薬品局(FDA)が11月に有識者を招いて開催した諮問委員会では、有効性について否定的な見解が大勢を占めた。諮問委の意見に拘束力はないが、厳しい見方が示されたことから、FDAが3月までに下す判断に注目が集まっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1691558 0 医療・健康 2020/12/10 19:13:00 2020/12/11 00:10:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)