読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「リスクより利益大きい」ファイザー製ワクチン、米FDAが結論

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米食品医薬品局(FDA)が米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンについて、近く緊急使用許可を出す見通しとなった。ワクチンの効果や安全性を検証したFDAの専門家グループが10日、ワクチンの接種は「リスクより利益の方が大きい」と結論づけた。早ければ来週初めにも接種が始まる見込みだ。

 ファイザーと独製薬企業ビオンテックが開発したワクチンは、最終段階の臨床試験で95%の予防効果があったとの結果が出ている。深刻な副作用は確認されておらず、専門家グループは16歳以上への緊急使用は容認できると判断した。

米ニューヨークで、新型コロナウイルスワクチンの配布に向けて準備する医療関係者(ロイター)
米ニューヨークで、新型コロナウイルスワクチンの配布に向けて準備する医療関係者(ロイター)

 米政府によると、FDAの承認後、24時間以内にワクチン640万回分を全米各地に出荷する。米疾病対策センター(CDC)は医療従事者や介護施設の入所者を優先的に接種する方針で、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は近く、米政府が詳しい接種計画を明らかにすると伝えている。

 ファイザーのワクチンは、英国やカナダ、バーレーンで承認され、英国では8日から接種が始まっている。ファイザーは今後さらにワクチンの安全性のデータを集め、来年4月にFDAに正式承認を求める方針だ。

 米バイオ企業モデルナも、開発中の新型コロナワクチンの緊急使用許可をFDAに申請している。FDAの専門家グループは17日に承認に向けた議論を行う予定で、米国では2種類のワクチンが年内に実用化される可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
1695518 0 医療・健康 2020/12/12 05:00:00 2020/12/12 09:07:04 A pharmacist undergoes training as they prepare for the distribution of the Pfizer coronavirus disease (COVID-19) vaccine at a Mount Sinai Health System pharmacy in the Queens borough of New York City, in this handout photo released on December 10, 2020.  Andrew Lichtenstein/Mount Sinai Health System/Handout via REUTERS  NO RESALES. NO ARCHIVES. THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201212-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)