塩野義、国産2種目のワクチン治験開始…200人に接種し1年間観察

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 塩野義製薬は16日、新型コロナウイルスワクチンの治験を開始したと発表した。実用化時期は未定だが、並行して生産設備も整備し、来年中には3000万人分以上の生産体制を整えるという。国産ワクチンの治験は、医療新興企業アンジェス(大阪府)に続いて2種類目。

昨年度の国税収、過去最高67兆円…世界的に景気回復、所得・法人・消費の3税とも増収

 塩野義の治験は、20~64歳の約200人に、ワクチンか偽薬を3週間空けて2回接種し、1年間経過を観察する。副作用が生じないかや、発症・重症化を防ぐ「抗体」が作られるかを確認する。ワクチンの成分には、人工的に作ったウイルスのたんぱく質を使う。

 アンジェスは今月8日、第2段階の治験を始めたと発表した。来年3月頃までに大阪や東京などの計8医療機関で計500人に接種する。今回の治験の後、国内外で数万人を対象にした最終段階の治験を実施する方針で、来春を目標としていた実用化の時期は遅れるという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1704931 0 医療・健康 2020/12/16 16:29:00 2020/12/16 19:52:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)