感染歴示す「中和抗体」持つ人は0・15%どまり…神戸大調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸大は17日、兵庫県内の病院などで8~10月に採取された約1万人分の血液を調べたところ、新型コロナウイルスの感染歴を示す「中和抗体」が検出された割合が、0・15%にとどまったと発表した。「ほとんどの県民が新型コロナに対する抗体を持っておらず、今後も感染への注意が必要」と説明している。

国内のコロナ新規感染3万1457人…東京の1週間平均は10%減

 中和抗体は、ウイルスを攻撃するため体内で作られるたんぱく質で、血中の有無で過去に感染したかどうかが分かる。

 神戸大の森康子教授(ウイルス学)らは、県内5病院と1施設から提供された計1万377人分の血液を分析。新型コロナウイルスに反応する中和抗体が検出されたのは、0・15%にあたる16人だったという。

 森教授はこの日の記者会見で、「血液は『第2波』の時期に採取されたが、県内では感染が広がっていなかったのではないか」と分析。「呼吸器感染症がピークを迎えるこれからに向け、今まで以上に予防に努める必要がある」と語った。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「医療・健康」の最新記事一覧
1709385 0 医療・健康 2020/12/18 11:16:00 2020/12/18 11:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)