感染力強い新型コロナ変異種、オランダや豪州でも確認…ロンドンでは感染の6割以上

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

20日、ロンドンで、パリへ向かう最終便のユーロスターを待つ人々(ロイター)
20日、ロンドンで、パリへ向かう最終便のユーロスターを待つ人々(ロイター)

 【パリ=山田真也、ジュネーブ=杉野謙太郎】英国で流行している新型コロナウイルスの変異種が、オランダ、デンマーク、オーストラリアでも確認された。英BBCが20日、世界保健機関(WHO)の関係者の話として報じた。変異種はこれまでより感染力が強く、今後、さらに世界的に広がることが懸念される。

 BBCやロイター通信によると、英国の変異種は国内で9月に確認され、ロンドンでは12月半ばには感染の6割以上が変異種だった。これまでと致死性や、重症を引き起こす度合いに違いはみられないという。現時点で、ワクチンが効かなくなることを示す根拠もないとしている。

 フランス政府は20日、マクロン大統領らがオンラインで会議を開き、英国からの入国制限措置を決めた。21日から、英国からの陸、海、空路による渡航を2日間停止する。英国も貿易の玄関口・南東部ドーバー港からのカーフェリーの出航を原則中止し、貨物トラックも仏側に渡れなくなった。英仏間の物流は、自由貿易協定を巡る英国と欧州連合(EU)の交渉決裂に備えた備蓄の増加などでトラックの通行が増えているため、英仏両側で混乱が広がる可能性がある。

 ドイツなどの欧州各国やイランなども、英国からの航空便の入国を原則停止した。

 加藤官房長官は21日の記者会見で、「我が国で同様の変異したウイルスは確認されていない」と明らかにしたうえ、「諸外国の感染状況を注視しながら感染防止に努めていく」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1717899 0 医療・健康 2020/12/21 20:19:00 2020/12/21 22:08:42 People stand on the platform next to the last scheduled Eurostar train from London to Paris ahead of travel restrictions imposed by the French government on the UK, amid the coronavirus disease (COVID-19) pandemic, in London, Britain December 20, 2020. REUTERS/Toby Melville https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201221-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)