読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

昭和の常備薬「赤チン」製造終了…「一つの時代が終わったよう」社長しんみり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 傷口に塗ると赤くなり、「赤チン」の愛称で親しまれた消毒薬「マーキュロクロム液」のメーカー「三栄製薬」(東京)が25日、製造を終了した。水銀を含むため、今月31日以降、「水俣条約」で製造などが禁止され、国内から姿を消す。

製造最終日を迎えた「赤チン」(25日、東京都世田谷区で)=田村充撮影
製造最終日を迎えた「赤チン」(25日、東京都世田谷区で)=田村充撮影

 赤チンは昭和時代、家庭や学校で定番の常備薬だった。無色透明の消毒薬の登場などで需要が激減したが、同社は根強いファンの声を受けて製造を続けていた。藤森博昭社長(59)は「一つの時代が終わったようだ」としんみり語った。

無断転載・複製を禁じます
1730728 0 医療・健康 2020/12/25 19:19:00 2020/12/25 19:45:50 製造最終日を迎え、出荷される三栄製薬の消毒液「赤チン」(奥は同社の藤森博昭社長)(25日午後、東京都世田谷区の同社で)=田村充撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201225-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)