読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[明日を築く]<2>開発力…国産ワクチン「次」へ備え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 多くの人の命を左右する医療。その研究開発の重要性が改めて認識された。コロナ禍やがんに立ち向かう産・官・学の最前線で、日本の「開発力」の現状を探る。

新年企画、開発力用、塩野義製薬イノベーティブ医療研究所の大本真也さん(12月3日、大阪府豊中市のシオノギ医療研究センターで)=鈴木竜三撮影
新年企画、開発力用、塩野義製薬イノベーティブ医療研究所の大本真也さん(12月3日、大阪府豊中市のシオノギ医療研究センターで)=鈴木竜三撮影

 世界がしのぎを削る新型コロナウイルスのワクチン開発。日本もその一角に加わっている。

 <COVID―19に対する予防ワクチンの開発を決定しました>。昨年4月、塩野義製薬(大阪市)が発表した。

 よし――。同社のワクチン研究の責任者、大本真也(42)の研究者魂に火がついた。

 塩野義は感染症の創薬を主軸とする数少ない日本企業だ。ただ、治療薬の開発経験は豊富でも、ワクチン事業を本格化させたのは2年半前だった。大本は社の内外で「まだ新型コロナをやらないのか」と度々聞かれ、もどかしさを感じていた。ウイルス研究に没頭してきた自分が、この危機の克服に貢献しないでどうする――。

 大本らのチームは国立感染症研究所とともに、複数のワクチン候補の有効性と安全性を、試験管や動物実験で確認して絞り込んだ。通勤電車や自宅の風呂場でも、頭の中はワクチンのことでいっぱいだ。

 「世界のどこよりも、質の高い製品を完成させたい」

 通常10年以上かかる新薬開発を大幅に短縮する。早期の実用化を実現するため、商用生産の体制構築も4月に同時着手、12月に最初の臨床試験を開始した。異例のスピードである。しかし米ファイザー社など海外企業の開発速度はさらにすさまじい。欧米などではすでに接種が始まった。

 それでも「日の丸ワクチン」の開発は絶対必要だ。塩野義でワクチン開発を統括する有安まりは“次”を見据える。

光免疫療法を開発した小林久隆さん。手のひらに当てているのは治療に使うLEDの光だ
光免疫療法を開発した小林久隆さん。手のひらに当てているのは治療に使うLEDの光だ

 「新たなパンデミックは起こり得る。海外に依存するだけではダメです」

 世界で毎年1000万人近くが亡くなるがん。昨年、世界初の治療法が日本で承認され、12月から保険適用になった。

 「(ひかり)免疫療法」。特殊な薬剤を点滴し、レーザー光を当てると、がん細胞がピンポイントで破壊される。2012年には、当時のオバマ米大統領が議会演説で紹介した。

 開発したのは、米国立衛生研究所(NIH)の主任研究員、小林久隆(59)。楽天の三木谷浩史(55)が会長を務める「楽天メディカル」が薬とレーザー装置を製品化し、申請からわずか半年で承認された。

 医療の開発力は裾野の広さとスピードが問われる。ウイルスに限らず、様々な相手が次々と人類に襲いかかってくるからだ。(文中敬称略)

残り:3994文字/全文:5294文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1745216 0 医療・健康 2021/01/04 05:00:00 2021/01/04 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210103-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)